中古住宅をリフォームして住むかローンを組むか…?

現代のマイフォーム事情と言えば、「中古住宅をリフォームして住むか」それとも「住宅ローンを組んで新築の住宅を建てるか」というところでしょう。今では中古住宅が格安価格にて販売されていますので、格安価格にて販売されている土地付きの中古住宅ならば、新築の一戸建て住宅を購入するよりもお得だというわけなのです。
マイナス金利によって住宅ローンの借り換えやすくもなりましたから、借換えしてリフォームする、といった選択肢も出てくるわけです。

しかし、あまりにも古く劣化している中古住宅を購入した場合、リフォーム費用がかさみにかさんで、「これならば新築の一戸建て住宅を建てられたかも…」ということになり兼ねませんのでご注意を。

確かに中古住宅の場合は、基礎部分をそのまんま使用することもできますので、いくらかお得になる可能性も高いものです。けれどもひとつの目安として、築30年以上の中古住宅は眉唾もので考えてもいいかも知れませんね。

30年以上が経過した住宅は基礎部分にもガタが出始めている可能性も高いので、余計にリフォーム費用がかかる可能性もあるのです。ですからまずは、築年数を確認してそしてリフォーム部分の確認も怠ることのないように。