個人事業主の住宅ローン審査

一般的に個人事業主は住宅ローンの審査に通りにくいと言われています。
都市銀行では審査が通らず、地方銀行でもだめで信用金庫でやっと借りることが出来たもののそれでも希望の金額は借りることが出来なかったという話をよく聞きます。
しかし、都市銀行は決して個人事業主には住宅ローンを通してくれないというわけではありません。
まず、個人事業主の方で注意しなくてはいけないのは、確定申告です。
個人事業主の場合、なるべく支払う税額を少なくするために、皆さん節税をされていると思います。
しかし、家を買おうと思うなら、過度な節税は控えましょう。
なぜなら、支払う税額を少なくしようと節税をすれば、必然的に所得額が少なくなります。
所得が少ない人は一般企業に勤めていてもローンの審査には通りにくいですよね。
また、所得額が年々少しずつでも上がっている個人事業主さんの方が銀行としては印象が良いという話もよく聞きます。
住宅ローンの審査はたいてい過去3年分の所得を見られますから、家を買おうと思ったら3年前から努力が必要ですね。
また、税金を会社が給料から天引きして支払ってくれるサラリーマンの方とは違い、個人事業主は自分で支払いを行わなければならないためうっかり払い忘れる方も多いようです。
税金の滞納が1月分でもあると、住宅ローンはまず通らないと言われていますので、そのあたりもしっかり注意してください。

これらの他に、個人事業主か否かに関わらず住宅ローンの審査に通りやすくするために行うべき
・使用していないクレジットカードは解約する
・車のローン等別のローンがある場合は完済しておく
といった対処をしておけば、個人事業主でも十分住宅ローンの審査を通過することが出来ます。