珪藻土を塗るリフォームの手順

壁を珪藻土にリフォームすると湿度を調整したりカビやにおいを防いだりといった、優れた効果をもっています。自分でリフォームするには多少難易度が高いものの、その苦労に見合っただけの能力をもった壁材といえます。

まずは壁の剥がれや傷をファイバーテープで補修します。そして枠などに養生をしたうえで、ローラーや刷毛を使ってシーラーを全面に塗って乾かします。

珪藻土を実際に塗る際には、水を加えたうえで攪拌機を使って攪拌するといいでしょう。珪藻土は角ゴテを使って塗っていきます。1㎜厚の塗り付けを2回行います。いきなり壁に塗るとコツがつかめないものですので、板などを使って1度練習してみるのをお勧めします。

慣れないうちにはどうしてもムラが目立つものですので、先丸コテをでこぼこになった表面にそっと当てて、力を入れずに滑らせるようにして慣らしていきます。わざとムラを残し、先丸コテを使って模様を描いたり、刷毛をかけた後で思い思いの模様をつけることも可能です。